交通事故

  • HOME>
  • 交通事故

こんなことでお悩みではありませんか?

  • 交通事故に遭ったがどう対応すればいいかわからない
  • 加害者や保険会社との交渉を任せたい
  • 提示された示談金の額が妥当か知りたい
  • 過失割合に納得がいかない
  • 後遺障害等級認定に納得がいかない

など

このようなことでお悩みでしたら、淀屋橋・南森町の士道法律事務所へご相談ください。
交通事故問題の法律相談は初回無料で、着手金も無料ですので、お気軽にご連絡ください。
またご加入中の保険に「弁護士費用特約」があれば、実質負担額0円で弁護士のサポートが受けられます。

交通事故問題は士道法律事務所へご相談ください

弁護士に相談すれば示談金アップも可能

弁護士に相談すれば示談金アップも可能

保険会社が被害者の方へ示談金を提示する時、通常、「任意保険基準」を使って算出します。
これは保険会社が独自に設定した基準で、必ずしも妥当な金額であるとは限りません。
一方、弁護士にご依頼いただければ「弁護士(裁判)基準」を使って交渉することができるようになり、これは示談金の基準の中で最も高額になるとされていますので、保険会社から提示された示談金をアップさせることが可能になります。

わずらわしい交渉事を代行いたします

交通事故後、加害者や保険会社との交渉・対応をわずらわしく思う方は少なくありません。
そうした場合、当事務所へご依頼いただければわずらわしい交渉事は弁護士が代行いたしますので、お客様は交通事故によって傷ついたお体・心の回復に専念していただけるようになります。
交通事故に遭われた方の心に寄り添って、親身にサポートさせていただきます。

初回法律相談・着手金無料

当事務所では交通事故問題の法律相談を無料で承っていて、さらに着手金も無料です。
また、またご加入中の保険に「弁護士費用特約」があれば、実質負担額0円で弁護士のサポートが受けられます。
少ない負担、また負担ゼロで弁護士のサポートが受けられますので、どうぞお気軽にご相談ください。

提示された示談金の額は妥当?

示談金の3つの基準

交通事故の示談金には「自賠責基準」「任意保険基準」「弁護士(裁判)基準」という3つの基準があります。

自賠責基準

強制加入保険である自賠責保険は、最低限度の補償を目的としているため、他の2つの基準と比べて最も低い基準となる傾向にあります。

任意保険基準

保険会社が独自に設定した基準で、自賠責保険よりは高額になる傾向にありますが、必ずしもその基準で算出された金額が妥当とは限りません。

弁護士(裁判)基準

3つの基準のうち最も高額になることが多いもので、弁護士に依頼することでこちらを使って交渉することができるようになります。
その結果、保険会社から提示された示談金をアップさせることも可能です。

交通事故に遭って後遺症が残った場合は?

後遺障害等級認定

後遺障害等級認定とは、交通事故により痛みなどの一定の後遺症が残ってしまった時に、適切な賠償金を受け取るための手続きです。
1~14級までの認定された等級に応じて慰謝料・遺失利益・将来介護などの賠償金が算出されます。

交通事故後の生活のためにも適切な後遺障害等級認定を受けることは重要で、きちんと通院していなかったり、診断書の内容に不備があったりすると適切な等級認定が受けられず、本来受け取れるはずだった賠償金が受け取れなくなる場合がありますので、交通事故に遭われたらできるだけ早いタイミングで弁護士にご相談いただくことをおすすめします。
治療の受け方など、適切な認定に向けて必要なことをアドバイスさせていただきます。

弁護士費用の支払いが不安な場合は?

弁護士費用特約

弁護士費用特約とは、ご加入中の自動車保険、生命保険、火災保険などに付加されている特約で、これを利用すれば保険会社が弁護士費用を負担してくれますので、実質負担額0円で弁護士のサポートが受けられます。
「特約を利用したら、来年の保険料が上がるのでは?」と心配される方もおられるでしょうが、ご安心ください。
弁護士費用特約を利用しても保険の等級が下がったり、来年の保険料がアップしたりすることはありません。
費用のことを心配せずに、示談交渉などを弁護士に任せることできるようになります。

※保険会社の約款により弁護士費用特約の内容が異なる場合がありますので、詳しくは保険会社の担当者へご確認いただくか、弁護士へご相談ください

よくある質問

弁護士費用の基準額

※料金はすべて税込表示です
※事案の性質や難度等によって増減する場合があります
※事案に応じて訴状印紙代や郵券代等として5,000円~の実費が別途必要となります
※一部事案では預り金が必要となる場合があります

法律相談(初回) 無料
法律相談(2回目以降) 30分3,300円
交通事故(弁特あり) 着手金:弁特基準による(原則として依頼者の負担なし)
報酬金:弁特基準による(原則として依頼者の負担なし)
交通事故(弁特なし、示談金額提示前) 着手金:0円
報酬金:獲得金額の11%+220,000円
交通事故(弁特なし、示談金額提示後) 着手金:0円
報酬金:増額部分の22%+220,000円